細胞代謝:研究は、延命赤ワイン成分の論争を解決するアンチエイジング薬の希望を復元

老化を遅らせるためのメカニズムを癒し保有TA-65を、説明します。

ご長寿遺伝子を活性化:5つの天然化合物シミュレーションカロリー制限です。

記事では、カロリー摂取量を減らすの正健康への影響について説明し、カロリー制限をシミュレートする天然化合物のいくつかを説明します。

研究では、低カロリーの摂取の結果としての遺伝子発現の変化は、老化プロセスを遅らせることができることを示しています。

自然の中で時計の針を逆に回す!

記事では、レスベラトロール、コエンザイムQ10とカルニチンを含む7若者保存栄養素の情報を提供しています。

レスベラトロールは、調査によると多くの病気やから保護SIRT1遺伝子をオンにブドウの皮、ブルーベリー、クランベリーとで見つかった抗酸化剤です。

記事では、ポリフェノール化合物のレスベラトロールの様々な健康関連の影響についての情報を提供しています。

効果は、心臓や脳損傷の保護、加齢関連疾患の減少、糖尿病および肥満の復帰を含みます。

また、レスベラトロールも引き起こすことによって、癌を防ぐことができると述べています。

寿命を延長し、レスベラトロールと病気との戦いがひつようです。

記事では、高齢化や変性疾患と戦うし、寿命を延長するための健康を維持するために、レスベラトロールの利点を説明します。

それは、心血管疾患、癌など、障害を守るために、sitruin分子と結合し、レスベラトロールの有能な健康上の利点を強調します。

記事では、年齢を重ねる方法についての洞察を提供しています。

年頃になり、結婚となると出産に備え様々な準備をしなければならず、それらのなかにブライダルチェックと呼ばれる一連の検査も含まれます。

ブライダルチェックにはいくつかの性病検査が含まれ、それらは流産や早産を避けるために必要な検査です。

参照:ブライダルチェック.comでは、母子感染するような病気、梅毒、エイズまた、出産時に産道で母子感染するようなクラミジア、淋病を検査するキットを紹介しています。

著者は、人々が持続的なカロリーの制限により、長生き年齢遅く、病気に対してより弾力的であることができると主張し、栄養豊富な食品の十分な量を食べます。

彼は、有機庭園から全体の食品を食べることを示唆している。

新たな発見は古くから薬剤開発分野を活性化させる。

記事では、アンチエイジング薬の開発に関する様々な研究について説明します。

これは、分子生物学者デビッド·シンクレアは、レスベラトロールは、赤ワイン中の化学物質が過体重マウスのSir2と呼ばれるサーチュイン遺伝子の最初の遺伝子の活性化を介して長生きたこと報告したことを述べています。

レスベラトロールは、シニア·モビリティを維持するのを助けるでした。

記事では、米国化学会の第二百四十四全国大会&博覧会で発表されたマウスの運動機能とバランスのレスベラトロールの効果に焦点を当てた研究を報告します。

研究では、レスベラトロールは、ドーパミンによって引き起こされるフリーラジカル損傷を防ぐことができますを示唆しています。

そして、アンチエイジングには腸内環境の改善が必要で、現在注目を集めているのが善玉菌と呼ばれる腸内細菌です。

善玉菌には、乳酸菌、ビフィズス菌がありこれらは腸を酸性に保つことで、酸性の環境では増殖でき無い悪玉菌を有為に減らします。

そして、第2の側が誕生滞納を与えるようになって母親のための勧告を心配されています。

これは、暴露後予防に関する二つの研究のレビューがあります。

幼児(タハア島2003年)に与えられた一週間ZDVに加えて、出生直後すぐにネビラピンの単回投与と出生後の最初とネビラピン(NVP)の単回投与を比較し、衰退と移行の重要な割合を示しましたZDVの週に加え、ネビラピンの使用だけではネビラピンと比較します。

第二の研究は、伝送速度は、両方の介入が類似しているが示された6週間のための乳幼児ZDVに与えられたネビラピンの単回投与を比較しました。

レビュー件の適切研究タハア島を記述したが、議論や提言やヒト免疫不全ウイルスに感染してくると、女性は、出産のた​​めに遅れている。

露光後の最初の6週間でZDVするすぐに加えて、出生後ネビラピンの単回投与での幼児のための予防します人生は有用であります。

システムの試験の場合は、それはこの勧告を構築した上での基礎は不明であり、このことを認識し、政治的意思決定者であるべきです。

レビューは短くなるように、これらのシステムの使用を以下の耐性変異の出現のための長期的な要件は、さらなる研究が必要であることを示しています。

新興のデータは、これが特定の共有システムに、処理システムの選択において考慮事項の一部を取る必要があること、女性のための将来の治療オプションで、この抵抗性の潜在的な有害影響について示唆しています。

でうでしたか?あなたも実施んしてみてはいかがでしょうか?